転移や再発をしない工夫【大腸がんは食生活の変化が大きく影響する】

医者

治療法の進歩

病院内

癌の病気の恐ろしい所は再発や転移という現象を引き起こすところです。特に再発や転移に気をつけなくてはいけないのが手術や治療が終わった直後です。手術や治療が終わった後もがん細胞が完全に除去できているとは限りません。多くの場合、がん細胞の元は残っています。がんを発症すると免疫力が大きく低下することが最近分かってきています。そのため、通常では発症しない場合でも治療後の免疫力が弱っている状態では再発や転移をしてしまう可能性があるという事です。転移や再発をしない工夫をすることが治療直後は特に必要で、普段の食事でがんの発生を促進させるものを出来るだけ食べなようにする、野菜や果物を積極的に食べるようにするように心がけましょう。

現在においても大腸がんの治療において最も有効なのは手術とされています。現在では化学療法や放射線療法もかなりの進歩を遂げていますが、大腸がんに関してはこの両者の治療法は効果が余りありません。そのため、主に手術で治療を行い、抗がん剤や放射線は手術後の補助液な治療として用いられます。大腸がんの手術法としては、現在でも開腹手術が主流です。大腸がんは直腸に発生する確率がかなり高く、従来の開腹手術の場合、手術後は肛門の機能を失ってしまうケースが多く見られました。しかし、手術法が進歩した現在では多くの症例で肛門の機能を残しながら手術する事が可能で、今後更に機能を残したまま手術できる技術は進歩するとされています。日本の大腸がん手術のレベルは世界最高水準にあると言われています。

肝臓の癌の特徴と治療法

二人の看護師

肝硬変や糖尿病が要因となり肝臓に発症する癌を「肝臓がん」と言います。肝臓がんは初期の段階では殆ど症状が現れないのが特徴で、内科での定期検診が重要とされています。肝臓がんの主な治療法は外科手術、局所療法、肝動脈塞栓術が基本となります。治療法は癌の進行度や患者の状態により専門医により決定されます。

慢性的な胃炎は注意が必要

女の人

胃がんの初期症状は、胃痛や胸焼け、消化不良などがあります。胃の出血で黒色のタール便が出たり、吐き気やゲップが起こるようになります。原因はピロリ菌やストレス、塩分の摂り過ぎ、喫煙などです。これは早期発見、早期治療で完治しやすい病気です。

食生活の変化が大きく影響

病院

日本人は昔は魚をよく食べていたので直腸がんは今ほど多くはありませんでした。現代では肉中心の食生活をする人が増えたため、直腸がんの患者が増えています。直腸がんは同じ大腸でも結腸と比べると手術がしにくいのですが、オメガ3系脂肪酸などを積極的に摂取すれば予防に役立ちます。