転移や再発をしない工夫【大腸がんは食生活の変化が大きく影響する】

医者と看護師

慢性的な胃炎は注意が必要

黒色の便が出たら注意

女の人

胃がんの初期症状は慢性的な胃の痛みや胸焼け、消化不良、腹部膨満感などがあります。これらの症状が長く続くようなら病気を疑いクリニックで検査を受けることが必要です。また胃の中で出血した場合は血液が混ざった便が出るようになります。これは血中のヘモグロビンが酸化して黒色に変わることからタール便と呼ばれます。タール便が出るようになると胃の中でかなりの出血をしていることが考えられます。これを見つけた時点で医療機関を受診することが大切です。胃がんでなくても胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合があり、慢性化してしまうとがんの発症リスクが高くなります。吐き気やゲップなどがよく起こるようになったら胃がんの可能性もあります。これはただの体調不良だと思って見過ごされがちな症状です。

早期発見で完治する病気

胃がんの原因のひとつはピロリ菌で胃潰瘍などの原因ともなります。これが胃の中に住み着くと慢性的に胃が荒れた状態になりがんが発症しやすくなります。実際にがんを発症した人の多くはピロリ菌の保菌者だというデータも出ています。ストレスも胃に悪影響を与え胃炎を引き起こす原因となります。慢性的な胃炎が続くとがんを発症しやすくなります。塩分を摂りすぎると胃壁を守る粘液を溶かしてしまい胃を弱めてしまいます。食生活に気を配ることも胃がん予防には大切です。また喫煙は肺がんや胃がんになるリスクを高めてしまいます。タバコの煙に発ガン性物質が含まれているからで、タバコを吸っている人の周りの人も煙の影響を受けてしまいます。胃がんは早期発見で完治しやすい病気です。少しでも異常を感じたらすぐ受診することが大切です。